知的障害
トゥッキーのプットブログ
知的障害

境界知能が最低限出来る【金銭管理】

IQ(知能指数)が低いと数字の計算をするスキルが必然的に難しく、騙されて借金や犯罪に加担させられる事例があったりします。

さらにお金を貯めようと思っても衝動的に銀行から引きおろし、気が付いたらお金を使い切る事もあったりします。

お金を管理するには、お金の流れを可視化し必要な金額を把握しないといけません。

この記事では生活の満足度を下げずに、支出を抑えお金を管理する方法を説明します。

家計簿を自動的に記録する

お金をどこで使ったり、何に使ったのかを可視化するには「家計簿」が必要になっていきます。

しかし、一日ごとに金額や使った場所を手書きでメモをするというのは効率が悪く、レシートだと紙が増え続けて後始末が大変です。

そこで家計簿を自動的に記録してくれる『無料家計簿作成サービス』を利用し、このサービスにはクレジットカードが必要になります。

例えば楽天カードだと、1ヶ月ごとの明細がアプリから確認にするとができ、お金を払ったお店や時間が正確に知ることができます。

他にも家計簿アプリ(Zaimやマネーフォワード)には、クレジットカードや銀行の情報を登録する事で決済時の利用履歴も連動して取り組むことができ、自動で使ったお金を書いてくれます。

手書きでは面倒に思っていた家計簿の記録はクレジットカードのアプリ明細表や家計簿アプリを使う事で、比較的ラクに家計簿を書いてくれてお金を可視化させるメリットがあります。

入会申し込みに発生する契約料を除けば、無料なので是非ともご活用ください。

Zaim - お金が貯まる人気家計簿(かけいぼ)

Zaim – お金が貯まる人気家計簿(かけいぼ)

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

家計簿 マネーフォワード ME - 家計簿アプリでお金管理

家計簿 マネーフォワード ME – 家計簿アプリでお金管理

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

固定費を抑える

固定費には6種類あり通信費や光熱費をいかに安く抑えるかが固定費を抑えるカギになります。

電気とかを節約すればよいだけじゃね?と思うかもしれませんが、無理に節約すると家での暮らしに物足りなさを感じストレス発散で店や娯楽にお金をかけるかもしれません。

それは悪い事ではありませんが、家の満足度が低いという理由で他の場所にお金をかけるのは習慣になると危ないので、光熱費のお金は気にしすぎない方がよいと思います。

自動車などは購入せず、使うときはレンタカーサービスを使った方がよいかもしれません。

車は無い方が自動車保険に加入せずに済むので、これで固定費をかなり抑える事ができます。

  1. 通信費(スマホやWi-Fi)
  2. 光熱費(電気、ガス代)
  3. 保険(生命保険)
  4. 家(家賃やローン)
  5. 車(自動車税、保険、分割払い)
  6. 税金(所得税、国民年金)

携帯電話は格安SIMで契約を

スマホ本体と通信費の支払いが最も固定費を消費しているともいえ、原因はドコモ、ソフトバンクのような大手キャリアだと1万5千円以上の料金を支払うためです。

しかし「格安SIM」に変更すると月6千円くらい削減する事が出来ます。 格安SIMに変える際に生じるメリット・デメリットには以下のような例です。

メリット

  • 毎月6千円程度安くなる
  • 回線は大手キャリアと同じなので、信頼性は高い

デメリット

  • 通信速度が遅い
  • 大手キャリアのメールサービスが使えなくなる
  • SIMカードを変える際、手作業を自分でやらなければならない

デメリットが最大のメリットである

デメリットが目立ち格安SIMに変える事に不安を感じるかもしれませんが、これが最大の利点(メリット)でもアあるのです。

それは通信速度が遅いとスマホゲームやネットサーフィンをするのにストレスを感じ、結果的にスマホを見る時間が減るからです。

電車やバスでは乗客100人の内70人が必ずと言っていいほどスマホを見ており、社会全体がスマホ依存症と言っていい状態になっています。

スマホを見るのをやめるには意志力だけではどうにもならず、特に境界知能や軽度知的障害はストレス耐性が著しく低いので、捌け口にスマホに頼ってしまう傾向が大きいです。

しかし、通信制限をかけスマホを操作すること自体面倒くさいという環境を作ればスマホ依存から脱却しやすくなります。

格安SIMに変えれば通信費を安くでき、スマホ操作時間を減らしたいと思う方には通信制限をかけるというデメリットが最大のメリットになります。

ぜひとも格安SIMをご検討ください。

お金を払うのがめんどくさい場所に引っ越す

お金を浪費する場所の候補は以下になります。

  • コンビニ
  • スーパーマーケット・デパート
  • ギャンブル(パチンコや競馬)
  • 外食
  • 受講費が高いセミナー
  • 課金アイテム(スマホにクレカ情報を登録しなければ課金を抑えられる)

注意点の場所は行く回数が多すぎると、いつの間にか借金を抱え破綻するというなんて事にもなりかねません。

最も危険度が高いのがパチンコまたは競馬で、そこへ行くたびに莫大なお金をかかるだけでなく、たまに詐欺師じみた生業をしてる人間が近くに寄ってきます。

境界知能や軽度知的障害のある人は、騙され悪事に利用される確率が高く詐欺被害にあったり、物事の整理がうまくできず犯罪行為に至る恐れがあります。

こういった事態を避けるには、お金を使うのが面倒くさい家に引っ越すのが一番手っ取り早いです。

例えば最初は自宅から徒歩で10分でパチンコ屋に着ける家に住んでいましたが、ギャンブル癖のある家主は頻繁にパチンコ屋に行ってしまい帰りにコンビニでお酒を買い、かなりの浪費をしました。

せめてパチンコ屋に行くのだけは減らしたいと思っても、本能的にそこへ行くようにインプットされてしまい意志力では変えられませんでした。

しかしパチンコ屋まで電車で30分までの距離がある場所に引っ越すと、家を出て電車を2回くらい乗り換える行動に不便さと窮屈を感じ、なんか「パチンコまで行くの時間かかるから行くの面倒だな」という心境になったとします。

このようにお金を浪費する場所とは物理的な距離を空けると、お金を払うプロセスをやりたくないなと感じるので、多少費用は掛かっても家を引っ越す行動には非常に大きな投資になります。

まとめ

  1. クレジットカードの無料家計簿作成サービスを使う
  2. 家計簿アプリを使う
  3. 格安SIMで固定費を抑える
  4. 物理的にお金を払うのが面倒くさいと思える場所に引っ越す

知的なハンディがあると、金額や数量を正確に理解するのに時間がかかったり、浪費が激しいことに悩まれされます。

上記のポイントを意識すればお金の可視化や固定費を最大限に抑える工夫ができ、ひと月に払う支出をかなり抑えるますので、お金の管理にご活用ください。